MENU
麦田このみ / Mugita Konomi
イラストレーター・Webデザイナー
・学生時代にソーシャルゲームイラストの制作
・2年間ゲームUIデザイナーとして勤務
・現在Webデザイナーと並行しながらイラストレーターをしております。

ミニキャラ・マスコットが得意です。
フリルな女の子や、小動物を描くのが好きです。

>>もっと詳しい自己紹介

ご依頼のご相談・企業様向けの最新ポートフォリオのご提示・お問い合わせは、
mugitakonomi@gmail.com
もしくはお問い合わせへお気軽にご相談ください!
アーカイブ
カテゴリー

批判されて絵が描けない…そんなあなたを救う考え方

絵春ミルフィ

絵を投稿したら批判のコメントが来ちゃったよ〜!

レモネーコ

それは辛かったね。よしよし…

絵春ミルフィ

もう立ち直れないかも…

先日、お悩み・質問ご相談フォームにて

ブログ購読者

誹謗中傷されて絵を描くのが辛くなってしまいました。
アカウントを変えても絵柄でバレそうです。
もうイラストは諦めた方がいいのでしょうか

と相談のメッセージをいただきました。

すごく言いにくくて他人に相談しにくいことだったはずです。
メッセージ送って下さって本当にありがとうございます。

世の中のたくさんの絵師さんが、誹謗中傷の経験が一度はあるくらい、とてもよくある悩みです。

なのでこの辛い気持ちはあなただけじゃないので安心してくださいね。

もくじ

私も受けた誹謗中傷

実は私も過去にpixivで誹謗中傷をされ、辛い思いをしたことがあります。

タグやコメントを荒らされたり、捨てアカウントで直接メッセージが来たこともありました。

麦田このみ

その時は悪口が心に突き刺さり、また絵を投稿したら荒らされるのが怖い…という気持ちでした。

なので「アカウントを変えても絵柄でバレる」って気持ちはすごくよく分かります!

絵を描く身としてはこれほど悲しいものはありませんよね。

せっかく絵柄=個性があるのに、それを発揮したらまた怖い思いをするかもしれない恐怖になってしまうのですから…。

もっと怒って大丈夫

酷い言葉を言われたら、本当はもっと相手に怒っていいと思うのです。

でも自分の事となると、なかなか怒るまで至らず深く傷付いてしまうんですよね…。

なので突然ですが、代わりにレモネーコ先生が怒ります。

レモネーコ

ただお絵かきがしたいだけなのに、何も悪い事をしていなのに、お前の心無い言葉で好きなことを妨げるんじゃねぇ!!!

お前にそんな権利はないんだぞ!!!

他にも私の絵を見てくれている大事な人がいるのに迷惑!失礼だぞ!
見たくなければ何も言わずにミュートしろ!

もっと怒って大丈夫

…これであなたもちょっとスッキリできましたか?

絵は諦めなくていい

心の傷が塞がるには時間がかかるかもしれませんが、絵を諦める必要はないですよ!

相談者さんはメッセージをくれたという事は、本当は絵が描きたいんだろうなぁと予想しています。

この記事に辿り着いたあなたも、悪口や酷評を受けてもやっぱり絵を描きたいんだと思っています。

もしかしたら今は

 

お絵描きを好きかどうか分からない…
嫌いになりかけているかも…

という気持ちが変わって来ているかもしれないですね。

でもあなたの好きだったものや好きだった気持ちを、誰かの言葉で否定される理由はないのです。

SNSで活動するかどうか

イラストを描く=TwitterやInstagramなどSNSでネットに公開して絵を描くこと、と思いがちですが他にもやり方があります。

  • 鍵アカウントで自分が承認した知り合いにだけ絵を見せる
  • オフラインの友達や家族だけに見せる
  • 誰もフォロワーがいない一人だけの鍵アカウントに投稿する(いわゆる「壁打ち」)
  • 誰にも見せない自分だけの秘密のノートに描く

こういったクローズドな環境で絵を描く人はあまり目立たないので見つけにくいですが、結構います。

なので他人の目や評価が気になる場合は、こういう方法で絵を描いてもいいかもしれません。

自分だけの秘密のノートに描く

また、時間が経てば誹謗中傷してくる人の執着心は消える可能性が高いです。

ゆっくり時間をかけて、自分が本当にイラストを描くのが好きなのか、どこまでの人に見てもらうのが嬉しいかを考えてみるのがいいかもしれません。

自分を見つめ直す時期と思って、少しでもポジティブに考えられたら良いですね!

麦田このみ

ちなみに私はpixivを荒らされた時には、数週間くらいノートに落書きして過ごしてました。

でもふと考え直した時に、批判してくるのはごくわずかな一部の人だけだと気付きました。

別に世の中の全ての人から誹謗中傷された訳じゃないからいっか!と開き直って割とすぐに復帰しました。

さいごに

とっても憎き誹謗中傷ですが、あなたの趣味は誰にも妨げられることはできない大切なものです。

いったん自分を振り返ってみるお休みの期間を作って、また絵を描きたくなったら少しずつ手を出してみる、でいいのです。

絵春ミルフィ

楽しいことは諦めなくても大丈夫だよ!

▼どうしてもイラストを描くことがしんどい人や、誹謗中傷ではないけど忙しくて絵が描けなくなった人にはこちらの記事も人気です!

ブログへのメッセージはこちら!
もくじ
閉じる